髪の悩み

髪のダメージを予防するには?6つの原因と改善策を美容師がご紹介

髪のダメージって気になりませんか?

ダメージを回避するには適切な予防策が大切です。

間違えた予防策をすることによって、髪のダメージに繋がってしまう恐れがあります。

この記事を読むことで、適切な髪のダメージの予防策を学ぶことができ、綺麗な髪を保つことができますよ。

現役で美容師をしている管理人が詳細をお伝えいたします。

髪のダメージの原因と予防策

髪のダメージの原因はさまざまです。

ここでは一般的に起こるダメージの原因と適切な改善策をお伝えしております。

日々のシャンプーでのダメージ

毎日するシャンプーですが、使用している種類によっては髪のダメージに繋がることを知っていましたか?知らない人も多いかもしれません。詳しくご説明いたします。

シャンプー剤の成分は、メーカーや商品によって異なります。あなたの髪に合っていないシャンプーを使用している場合、確実に髪のダメージに繋がります。近年では販売されているシャンプーの80%ほどが、石油系界面活性剤と呼ばれる成分で作られています。この成分は刺激性が高く、シャンプーする度に髪のダメージを引き起こすものなのです。

具体的な改善策

髪に優しい成分のシャンプーに変えましょう。

毎日使用するシャンプーですが、安いものでいいや。などとシャンプー選びを疎かにすることで髪のダメージへと繋がってしまいます。あなたの髪に合った適切なシャンプーを選ぶことが重要です。

ヘアカラー・パーマでのダメージ

美容室での薬剤施術は髪のダメージを引き起こします。薬剤によって化学的なダメージが引き起こされ髪の内部の栄養分が外部に流出してしまうのです。しかし、ヘアカラーやパーマをしない。というわけにはいきません。薬剤施術によるダメージの場合、アフターケアが大切です。具体的にお伝えいたします。

具体的な改善策

ご自宅でのホームケアが重要です。ダメージケア用のシャンプー・トリートメントに変えてみることをオススメします。

あなたの現状のダメージレベルに合わせた、シャンプー・トリートメントを選ぶことで、ダメージを補修し改善することも可能なのですよ。きちんと自分の髪を理解した上で商品を選びましょう。

紫外線でのダメージ

夏場の日差しによる紫外線での髪のダメージは深刻です。髪は紫外線を受けることで、火傷の状態になってしまいます。紫外線を浴び続けるとキューティクル(髪の表面を守っている防御層のようなもの)が損傷し、内部の栄養分が外部に流出してしまいます。すると、髪はパサパサになり色も明るくなってくることでしょう。

具体的な改善策

帽子をかぶって紫外線防止

紫外線防止の流さないトリートメントでケア

夏場の紫外線が強い日には、SPF配合の流さないトリートメントで髪の紫外線防止をして、帽子を被って外に出歩くことを推奨いたします。

アイロン・ドライヤー・ブローでのダメージ

髪のお手入れでアイロンやドライヤーやブローをしている人は多いでしょう。しかし過度のお手入れは髪のダメージに繋がってしまいます。髪の毛は熱に弱く、高温の熱が加わることにより、化学変化を起こしてしまうのです。その時の化学変化をタンパク変性といいます。タンパク変性はわかりやすくいうと、生卵がゆで卵に変わる変化と同じ変化です。髪の毛が固くパサついてしまうでしょう。

具体的な改善策

流さないトリートメントで事前にコーティング

アイロンは140℃~160℃の間に設定

ドライヤーはかけすぎ注意

過度なブローは控える

髪にダメージを起こさせないためにも過度の熱処理を控えましょう。もしやる際は、事前に流さないトリートメントで髪をコーティングしてからすることを推奨します。

ブラッシングでのダメージ

過度なブラッシングは摩擦を生み、髪のダメージに繋がります。引っかかるからといって何度もブラッシングをしてしまうと、髪が切れてしまう事もあるんですよ。中には何度も経験しているという方も多いかもしれませんね。

具体的な改善策

ブラッシングをする際は優しく梳かす

目の粗いブラシを使用する

流さないトリートメントつけてからブラッシング

美容師のカットでのダメージ

美容師のカットでもダメージが引き起こされます。

美容師が使用しているはさみが原因となってくるのですが、はさみの質が悪いと髪のダメージに繋がるのです。一般的には1ヵ月~2ヶ月に1回は研ぎに出すものですが、美容師の中には、はさみを研ぎに出していない方もいらっしゃいます。研ぎに出されていないはさみで髪を切られることでダメージに繋がるのです。

具体的な改善策

上手な美容師を探しましょう。

上手な美容師は基本的に売れている美容師をさします。売れている美容師は仕事に対する意識が高い方が多いです。仕事の意識が高い美容師がはさみを研ぎに出さないことはないでしょう。上手な美容師を探すことが重要です。

上手な美容師・美容室の選び方 >

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は髪のダメージの6つの原因と改善策をご紹介していきました。

分かりやすかったでしょうか?

他にもあなたの役に立つ記事が沢山ありますので、合わせてご覧いただければと思います。

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

当サイト人気商品

ダメージケアシャンプー部門

2019年SNSやメディアで話題
ダメージケアに特化した商品

ダメージケア:


商品名 オーガニックシャンプー【ラブロ】
内容量 シャンプー:300ml(約2ヵ月分)

トリートメント:300ml(約2ヵ月分)

価格 定期コース

シャンプー&トリートメントセット:3980円

シャンプーのみ:3000円

今回のみの購入

シャンプー:4000円+送料800円

トリートメント:4000円+送料800円

総合評価

髪のダメージに悩む女性に是非オススメ。本気でダメージケアをしたい方だけ見てください。アミノ酸由来の優しい成分が配合されており、ヘアケアとスカルプケアに最適です。髪が綺麗な人は使っています。

頭皮ケアシャンプー部門

頭皮の痒みを抑えたい

スカルプケアに特化した商品

スカルプケア:


商品名 アミノ酸系シャンプー「すこやか地肌美容液シャンプー」
内容量 200ml(1ヶ月分)
価格 今回のみの購入:3980円

定期コース:2980円

総合評価

頭皮の痒みに悩む女性に是非オススメ。本気で頭皮ケアをしたいという方だけ見てください。フケ・乾燥・赤みにも有効なシャンプーです。優しい洗浄力で頭皮の潤いを保つことで頭皮環境の改善を望めます。

トリートメント部門

圧倒的なサロンクオリティ

最高級のトリートメントダメージケア:


商品名 自宅で美容室☆2剤式システムトリートメント♪【クイーンズバスルーム】
内容量 トライアルセット:10g(5回分)

本品:1剤240g・2剤240g(40回分)

価格 トライアルセット:1500円

本品:6000円

総合評価

美容室でするトリートメントを自宅で簡単に再現できます。2剤式のシステムトリートメントとなっており、髪の毛がサラッサラに!ダメージケアにも特化しており、本気でダメージケアをしたい方にオススメです。

髪質改善部門

最近話題の髪質改善

本気で髪質を変えたい方に

髪質改善:


商品名 ミネコラパーフェクト3
内容量 ミネコラ リダクション フォーム:100g

ミネコラ アクティブ スパフォーム:200g

ミネコラ リッチ トリートメント:200g

価格 通常価格:14000円

定期価格:11900円

総合評価

髪質を変えたい。そう思っているのならミネコラがオススメ!TVやSNSでも話題で持ちきりに。売れすぎていて現在は販売が休止している可能性があります。マツコ会議でもやっていたあの髪質改善が自宅で簡単に再現できます。価格は少し高いけど、美容室での施術と比べたら安いもんですよ。

白髪ケア部門

白髪ケアはこれ1本

噂のカラートリートメント

白髪ケア:


商品名 マイナチュレ カラートリートメント
内容量 200g
価格 初回2本定期コース:3380円

2回目以降2本定期コース:6760円

初回1本定期コース:3000円

2回目以降1本定期コース:3380円

総合評価

繰り返しの白髪染めは髪を傷めます。少しでも白髪染めをする期間を長めてあげることが重要です。でも染めるのをやめることはできない。そんな時はカラートリートメントで白髪ケアをしていきましょう。カラートリートメントはダメージの心配は一切ありません。むしろ、トリートメント効果で美髪に近づけながら白髪もケアできます。これであなたも白髪で悩まない!

アウトバストリートメント部門

シャンプーの後のダメージケアに

アウトバストリートメントの王様

ダメージケア:


商品名 チャップアップヘアオイル
内容量 60ml
価格 2480円
総合評価

シャンプーの後に、外出前のヘアケアに、美容師が本気でオススメするヘアオイルはチャップアップヘアオイルです。オイルでコーティングするだけでなく、栄養成分で内部補修までしっかりできるのがこのオイル。良心的な価格に反して、最高級の成分を使っている所が良い所。