縮毛矯正・ストレートパーマ【基礎知識】

ここでは、縮毛矯正・ストレートパーマを詳しく知らない方の為に

縮毛矯正・ストレートパーマの基礎知識をご紹介しております。

現在どこの美容室でもメニュー化されている縮毛矯正・ストレートパーマですが、

実は奥が深くあなたも知っておかなければいけないことが多く存在します。

詳しくご紹介させていただきますね。

縮毛矯正・ストレートパーマの種類・分類

縮毛矯正・ストレートパーマには大きく分けて2つに分類されます。

縮毛矯正

現在どこの美容室でもメニュー化されている縮毛矯正ですが、

中にはどのようなものかわからない方もいるかもしれませんね。

基本的に縮毛矯正は、強いうねりや広がり、パサつきをおさえてくれるメニューです。

元々強いくせ毛であっても縮毛矯正をするとツヤツヤのまっすぐな髪質に変わります。

いまから分かりやすくメリットとデメリットをご紹介していきます

縮毛矯正のメリット

  • 強いくせ毛でも真っすぐになる
  • 広がりも抑えられてサラサラのストレートヘアになる

縮毛矯正では、どんなに強いくせ毛であっても適切な施術をすることで真っすぐのストレートヘアを手に入れることが可能です。

「私ほどのくせ毛はさすがに無理でしょ」なんて思う方も是非お勧めいたします。

縮毛矯正のデメリット

  • 使用する薬剤が凄く強く髪のダメージが大きい
  • 技術力の無い美容師が施術を担当すると、髪の毛が取り返しのつかないことになる危険性がある

縮毛矯正では、使用する薬剤とても強いため髪へのダメージが並行して大きくなります。

他にも、担当する美容師さんの腕によって、髪へのダメージからクセの伸び具合まで全てが決まりますので、美容師・美容室選びは十分注意したいところです。

縮毛矯正の場合、大失敗して髪の毛がチリチリになり、元に戻らなくなってしまった。なんてこともよく聞く話です。本当に美容師さんには気を付けてもらいたいものですね。

ストレートパーマ

ストレートパーマって縮毛矯正と同じじゃないの?

そう思った方もいるかもしれませんね。美容室の中には、ストレートパーマと言いながら縮毛矯正をやっているところもあるようですが、明確には違うのです。

下記にて縮毛矯正とストレートパーマの違いもご説明いたしますね。

ストレートパーマのメリット

  • 弱いクセ毛の人のボリュームダウンができる
  • 広がりで悩んでいる髪のボリュームダウン

ストレートパーマでは基本的に、真っすぐサラサラという縮毛矯正と違って、ボリュームダウンをメインに施術を行います。薬剤に関しては縮毛矯正と同じ薬剤を使用しているところが多いです。

ストレートパーマのデメリット

  • 真っすぐサラサラにはならない
  • 髪の負担も大きい

ストレートパーマでは縮毛矯正のような真っすぐサラサラの仕上がりには絶対なりません。

ストレートパーマの施術をすると、広がっていた髪が抑えられるくらいです。

縮毛矯正の薬剤と同じ薬剤を使用しているため髪への負担も大きいです。

それでは次に縮毛矯正とストレートパーマの違いについてご紹介いたします。

縮毛矯正とストレートパーマの違い

一見同じように感じる縮毛矯正とストレートパーマですが、

施術の工程もほとんど同じで、ある一つの作業があるか、ないかの違いなのです。

それはヘアアイロンでの作業です。

縮毛矯正とストレートパーマの違い

縮毛矯正とストレートパーマの違いは、施術の途中段階で(1液が髪に浸透し1液を流した後)アイロンをするか、しないかの違いなのです。

アイロンをすることで、強いクセ毛であっても綺麗なサラサラヘアを手に入れられることができます。

逆に、サラサラは嫌だというかたは、アイロン作業を抜くだけで少しボリュームを保ちながら髪を落ち着かせることが可能です。

縮毛矯正・ストレートパーマでのダメージ

縮毛矯正・ストレートパーマは特に髪のダメージは大きいです。

特に薬剤が強いので髪への負担は大きいでしょう。

今からその原因をご紹介していきます。

縮毛矯正・ストレートパーマ【ダメージの原因】

ダメージの原因としては、薬剤の強さにあります。

縮毛矯正・ストレートパーマの薬剤は強力なアルカリ性に傾いており、

髪の毛のpHが高くなってしまい、ダメージが起こります。

まず1剤と呼ばれるアルカリ性の薬剤をつけると、髪の表面のキューティクル(髪の内部の栄養分を守っている防御層のようなもの)が損傷し、髪の内部の間充物質(タンパク質)が流出しやすい状態になります。

この時のダメージというのが、カラーやウェーブパーマと比べても比にならないくらい大きいのです。中には縮毛矯正をしてチリチリになってしまったという方もいるかもしれませんね。

そのチリチリになってしまった髪の状態を”ハレーション”と言います。

一度ハレーションを起こしてしまった髪の毛は二度と元には戻りません。

いくら高級なトリートメントをしようとも、美容師に治ると言われたとしても、

絶対に元通りの髪質に戻ることは不可能です。

ですのでこうならないためにも、担当する美容師さん・美容室選びは重要視して欲しいものです。

ここが知りたい!縮毛矯正・ストレートパーマのQ&A

Q.私のクセは凄く強いです。1回の施術でツヤツヤサラサラになりますか?

A.髪のクセが強いという事ですが、現状あなたの髪の毛を見させてもらいカウンセリングをさせていただけないと、明確にお答えすることが出来かねます。しかし、どんなにクセが強くても髪の長さがある程度あり、相当なダメージを負っていない限り縮毛矯正をすることで真っすぐなサラサラヘアスタイルを手に入れることが可能です。美容師さん選びは気をつけましょう。

Q.アイロンをしてほしくないのでストレートパーマにしようと思っています。しかしクセが強いのでそこも真っすぐにしてほしいです。どうすればいいですか?

A.アイロンをしてほしくない場合だと、難しいですね…例えば、縮毛矯正で予約をしてアイロンは使用しないでくださいと担当美容師さんに伝え、その代わりしっかりブローで伸ばしてくださいとお伝えすると良いかもしれません。ブローでの熱処理をすることで、クセもある程度伸ばすことが可能です。しかし、ブローでの熱処理を加えるくらいだったらアイロンでの施術でもいいのかな。とは思ってしまいます。結論としては、クセを伸ばしたいのならアイロンを使用した縮毛矯正をお勧めいたします。

当サイト人気商品

ダメージケアシャンプー部門

2019年SNSやメディアで話題
ダメージケアに特化した商品

ダメージケア:


商品名 オーガニックシャンプー【ラブロ】
内容量 シャンプー:300ml(約2ヵ月分)

トリートメント:300ml(約2ヵ月分)

価格 定期コース

シャンプー&トリートメントセット:3980円

シャンプーのみ:3000円

今回のみの購入

シャンプー:4000円+送料800円

トリートメント:4000円+送料800円

総合評価

髪のダメージに悩む女性に是非オススメ。本気でダメージケアをしたい方だけ見てください。アミノ酸由来の優しい成分が配合されており、ヘアケアとスカルプケアに最適です。髪が綺麗な人は使っています。

頭皮ケアシャンプー部門

頭皮の痒みを抑えたい

スカルプケアに特化した商品

スカルプケア:


商品名 アミノ酸系シャンプー「すこやか地肌美容液シャンプー」
内容量 200ml(1ヶ月分)
価格 今回のみの購入:3980円

定期コース:2980円

総合評価

頭皮の痒みに悩む女性に是非オススメ。本気で頭皮ケアをしたいという方だけ見てください。フケ・乾燥・赤みにも有効なシャンプーです。優しい洗浄力で頭皮の潤いを保つことで頭皮環境の改善を望めます。

トリートメント部門

圧倒的なサロンクオリティ

最高級のトリートメントダメージケア:


商品名 自宅で美容室☆2剤式システムトリートメント♪【クイーンズバスルーム】
内容量 トライアルセット:10g(5回分)

本品:1剤240g・2剤240g(40回分)

価格 トライアルセット:1500円

本品:6000円

総合評価

美容室でするトリートメントを自宅で簡単に再現できます。2剤式のシステムトリートメントとなっており、髪の毛がサラッサラに!ダメージケアにも特化しており、本気でダメージケアをしたい方にオススメです。

髪質改善部門

最近話題の髪質改善

本気で髪質を変えたい方に

髪質改善:


商品名 ミネコラパーフェクト3
内容量 ミネコラ リダクション フォーム:100g

ミネコラ アクティブ スパフォーム:200g

ミネコラ リッチ トリートメント:200g

価格 通常価格:14000円

定期価格:11900円

総合評価

髪質を変えたい。そう思っているのならミネコラがオススメ!TVやSNSでも話題で持ちきりに。売れすぎていて現在は販売が休止している可能性があります。マツコ会議でもやっていたあの髪質改善が自宅で簡単に再現できます。価格は少し高いけど、美容室での施術と比べたら安いもんですよ。

白髪ケア部門

白髪ケアはこれ1本

噂のカラートリートメント

白髪ケア:


商品名 マイナチュレ カラートリートメント
内容量 200g
価格 初回2本定期コース:3380円

2回目以降2本定期コース:6760円

初回1本定期コース:3000円

2回目以降1本定期コース:3380円

総合評価

繰り返しの白髪染めは髪を傷めます。少しでも白髪染めをする期間を長めてあげることが重要です。でも染めるのをやめることはできない。そんな時はカラートリートメントで白髪ケアをしていきましょう。カラートリートメントはダメージの心配は一切ありません。むしろ、トリートメント効果で美髪に近づけながら白髪もケアできます。これであなたも白髪で悩まない!

アウトバストリートメント部門

シャンプーの後のダメージケアに

アウトバストリートメントの王様

ダメージケア:


商品名 チャップアップヘアオイル
内容量 60ml
価格 2480円
総合評価

シャンプーの後に、外出前のヘアケアに、美容師が本気でオススメするヘアオイルはチャップアップヘアオイルです。オイルでコーティングするだけでなく、栄養成分で内部補修までしっかりできるのがこのオイル。良心的な価格に反して、最高級の成分を使っている所が良い所。